産後ケアリストの資格

産後ケアリストの資格

産後ケアリストの資格を取得するなら以下より無料で資料が貰えます。




産後ケアリストの資格取得をすると?

産後ケアリストは出産を迎えられたママさんと、赤ちゃんの両方をケアし、母子共に心と体のサポートを行っていく為の専門的な知識と実践スキルを得る為の資格です。

産後ケアリストの資格を取得すると、ケアセンンター等の社会福祉施設や関連施設等でお勤めで働く為の採用を貰い易くなったり、また独立(フリーランス)してご自営でお仕事をする事も可能で、あなたの人生の選択肢が大幅に増えて行きます。

また、すでにお仕事をされているジャンルや、他の資格との相性が抜群で、この認定を受ける事で更にあなたの可能性が拡大していく事が予測されます。

例えば、ケアヨガピラティススポーツインストラクターさんや、フットマッサージハンドマッサージカラーセラピストさん、整理収納アドバイザーや、インテリアコーディネーター等の資格をお持ちの場合は、産後ケアリストの資格と組み合わせると更に良い効果を発揮します。

そして、資格を持ってるだけではなく、ファイナンシャルプランナーさんだとか、料理研究家の方、幼稚園教諭や野菜ソムリエ、整体等でお仕事をなさってる方、コンプレックス産業関連のお仕事をなさっていらっしゃる場合も仕事に役立てる事が可能になって来ますので、新たなステップアップとして資格を得る方も多いです。

実はこの産後ケアリストの資格に関係する、政府の少子化対策や待機児童等の見解で、もっと赤ちゃんを出産しやすい社会にしよう、もっと子育てしやすい社会を作って行こうと沢山の国家予算が導入され、助成事業等を含め、子育て支援センターや、ショートステイの施設等、モデル事業となるたくさんの支援施設が作られていってます。

そういう中で、この産後ケアリストの資格を取得すると、育児不安の解消にもつながり、大きく社会貢献でき、喜ばれていくお仕事です。

 

産後ケアリストの資格は、産後ケアリスト協会が資格認定

産後ケアリストの資格を受講
産後ケアリストの資格は、産後ケアリスト協会が講義をし、資格を認定しています。

産後ケアリストの資格は2級と1級があり、2級の認定を受けた後、1級の認定を試験に合格すれば受ける事ができます。

2級は産後ケアリストの資格の入門編で、1級は実践的な内容を含め即戦力に役立つ知識やスキルを学ぶ事ができます。

2級の資格に合格して協会に登録すると、産後ケアリストの資格2級を所持してる事を公開できますし、出産を終えたママや赤ちゃんのサポートをする事ができます。

2級は協会で申請した場合、申し込み時に4万7千520円の費用を支払うと、2級受講料やテキスト、認定試験を受けれる様になります。

また2級に合格した時に、認定料を8千640円、協会入会金が5千400円、協会年会費が1万800円かかります。

2級に合格し協会に登録し認定を取得すると、ホームページ(ブログ・サイト)Facebook、ツイッター等のSNSや各媒体で産後ケアリストの2級の資格を所持してると広報活動する事ができます。

また2級の資格を得ると、産後ケアリストの資格を使ってお手伝いやサポート等はできますが、お金を頂くお仕事はまだできません。

産後ケアリストの資格を取得して、収入も得たい場合、その後1級の講座を受け認定試験に合格し、協会に1級を所持してる事を登録する必要があります。

その際の産後ケアリストの資格1級を取得する為の費用は、申込時に20万5千200円を支払い、受講料、テキスト代、認定試験を受ける事が出来るようになります。

また合格時に1万6千200円を支払う事で、産後ケアリストの資格1級を所持してるとして産後ケアリストの資格を活かして仕事ができる様になります。

資格を取得して色々な事情で少し休みたい場合等は、3年以内であれば休会しておく事もできます。

この1級と2級の資格ですが、2級を合格せずに、いきなり1級の資格を取る事はできませんし、講座をナシにして、独学で勉強して試験だけ受けるという事も出来ません。

講座と試験がセットになっています。

講座の受講場所は、

協会赤坂見附校 東京都港区

名古屋駅前校 名古屋市中村区(ヒューマンアカデミー)

協会大阪校 大阪市北区

協会福岡校 福岡市博多区

になっていて定員は15名、受講期間は1日(全部で1回)となっています。

e-ラーニングも受講できます

協会が提供してる講座でe-ラーニングがあります。

これは協会主催の会場、地方にお住まいで行く事が出来ない、また同じ都道府県に住んではいるけども通って講座を受ける時間を作る事ができない場合等、普段本業をお持ちの方等がよく利用されます。

e-ラーニングを希望されると、産後ケアリストの2級認定講座は2時間40分の3か月間で費用は4万7千520円です。
(この中には受講料やテキスト料金、認定試験料が含まれます。テキストは動画の内容と同じテキストです。)

またe-ラーニングで合格した場合は合格した時に産後ケアリストの2級認定料8640円、協会入会金5400円、年会費1万800円がかかります。

そして2級に合格した後1級が再生時間10時間30分の半年間です。

受講料金は20万5千200円が申請時に必要になり、この中に受講代金、テキスト代金、認定試験の料金等が含まれています。

1級のe-ラーニングを受講した後、認定料が1万620円かかります。

e-ラーニングはIDや名前、メールアドレス等を送信するとパスワードとともに講座のURLが送られて来ます。

 

産後ケアリストの資格給料はいくらなのか

産後ケアリストの給料のイメージ画像
 

お勤めで働く際、産後ケアリストの資格を取って、給料は幾ら位貰えるのかというと大体相場は、20万円から30万円の給料になります。

お勤め先の雇用形態や福利厚生等によっても給料が変わって来ますので、大体の相場となるのですが、産後ケアセンター等の施設になって来ると、深夜帯の夜勤のお仕事もあるので、やはり夜勤等をメインに仕事をすると給料が高くなる傾向があります。

また時給でアルバイトやパートでショッピングモール等の託児所スペース等で働く事もでき、パートやアルバイトになって来ると大体相場が1000円~1300円前後になります。

独立するとこのような相場ではなく、上手く資格を活かす事ができると、50万円前後~100万円前後稼げたり、場合によっては出版や大きなセミナー等を定期的に開催したりすると、全部合わせて100万円を超えてきたりもしますが、フリーランスで仕事をするには、それなりの覚悟と経験とそこまでの収入を得るにはそれなりの時間や努力も必要になって来ますので、最初の経験を積む、勉強して学んだ事を実践に活かしてあなた自身のスキルを上げるという意味では、資格を取得後、スグに独立せずに経験を積むのも、手取りは少ないかもしれませんが、いい経験とキャリアアップにも繋がります。

 

産後ケアリストの資格は通信と通学どちらが良いのかまずは検討

上記で産後ケアリスト協会での通学か、e-ラーニングをお伝えしましたが、実はこの産後ケアリスト協会は、産後ケアリスト協会公認の元、ヒューマンアカデミーも講座を用意してくれています。

これにより、東京からすごく家が遠かったリ、東京に住んではいるものの、仕事が多忙過ぎて、やる気はあっても会社の都合等でなかなかスケジュールが合わない、他県に住んでいる等の東京迄通えない等の場合もヒューマンアカデミーの通学なら問題なく通えるという場合もあります。

今なら以下より資料を無料で送って貰えますので、以下より資料を請求なさって、今後より良い人生を送れる様、検討なさってみられる事をお勧めします。